スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

がん治療の取り組み

がん治療・緩和ケアについて

がん治療について

当院は厚生労働省指定の「地域がん診療病院」となっており、社会生活を大切にした、個々の患者様に適したがん治療を行っていくために多岐に渡る悪性腫瘍の診療を実施しております。 治療における科学的根拠(エビデンス)を基に、個々の患者様の病状や価値観・ご希望などをお聞きしながら治療方針を決定し、がん薬物療法(抗がん剤、分子標的薬など)を安全に施行します。
当院では入院でのがん治療および外来化学療法室における通院でのがん薬物療法をおこなっています。 治療についてご不明な点があれば、医師をはじめとする、薬剤師や看護師などの職員にお尋ねください。

主な対象疾患

消化器系腫瘍
食道から肛門に至るまでの消化管だけでなく、肝臓、胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)などの消化を助ける臓器の良性・悪性腫瘍を対象とします。
呼吸器系腫瘍
気管・肺などの呼吸器系(Respiratory)や縦隔・胸腺疾患の胸郭全体の良性・悪性腫瘍を対象とします。
乳腺腫瘍
乳腺に発生する乳癌、線維腺腫、葉状腫瘍などの良・悪性腫瘍を対象とします。

がん化学療法実施件数2016年度(癌種別)

外来化学療法 718
入院化学療法 75
合計 793