スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

腫瘍・緩和ケア専門外来

腫瘍専門外来

消化器系腫瘍「肝、胆、膵がん」に対し、「外科的治療」「抗癌剤治療」「ターミナル(緩和)ケア」と広範囲にわたり、患者様と向き合った医療を積極的に行っています。

緩和ケア外来

がん治療は、手術や化学療法など、がんそのものの治療だけでなく、がんに伴う痛みなどのつらい症状、こころの問題、療養上の気がかりなどを解決することも療養生活の負担を軽くするためには必要です。
緩和ケア外来では、医師、看護師、薬剤師、医療相談員等が緩和ケアチームとして、連携してがんの苦痛緩和にあたります。また、退院後にも安心して自宅療養できるように、患者様やご家族のサポートをしています。
当院には緩和ケア認定看護師1名、がん治療認定薬剤師1名が在籍し、質の高い緩和ケアが実現できるように努めています。

症状緩和(疼痛外来)

がんそのものの治療だけでなく、苦痛となる症状(痛み、だるさ、吐き気、便秘など)を積極的に治療することも大切です。

こころのケア

良い心の状態を維持することは、がん治療の助けになると言われています。緩和ケア外来では、こころの負担(不安・落ち込み・不眠など)にカウンセリングやお薬の調整を行っています。専門外来を利用することで上手にがんと取り組める場合もあります。

在宅療養の支援

緩和ケア外来で、かかりつけ医(自宅に往診可能な診療所・クリニック・訪問看護・訪問介護)などの紹介を受けたり、保健・身体障害者申請・在宅機器の使用(酸素療法・輸液療法など)について相談できます。

担当医師

 

中山 弘道(なかやま ひろみち)

職位

  • 副院長
  • 外科部長
  • 緩和ケア科部長

略歴

1989年
日本医科大学 第二外科入局
1995年
日本医科大学 第二外科 助手代理
1997年
小山記念病院 外科部長

学会・専門医

  • 日本外科学会外科専門医

担当・診療時間担当・診療時間

 

午後

中山★1
  • ★1 中山医師の診察は13:30~16:00迄の【完全予約制】となります。