スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

看護部

看護部の理念

患者様の立場にたって考え、判断できる、思いやりのある看護を実践する。

看護部の方針

1. 24時間責任をもって、患者様に安全・安心・安楽で、信頼される看護サービスを提供する。

1. 医療の一員として、より高い知識と技術を身につけ、患者様により良い医療を提供する。

1. 教育及び社会生活を通し、豊かな人間性を養う。

7対1入院基本料

(日勤)8:30~17:30 (準夜)16:30~0:30 (深夜)0:30~9:00

※7対1入院基本料とは、一般病棟における看護職員配置基準で、入院患者様7人に対して看護師が1名配置されていることを示すものです。現在設定されている看護基準では最高ランクとなります。当院は看護職員を手厚く配置し、安全で質の高い医療・看護の提供に努めています。

看護部長挨拶

小山記念病院は、鹿島神宮の森に囲まれた緑豊かな環境と鹿島アントラーズの本拠地であるサッカースタジアムが近くにある病院です。
私たち小山記念病院の看護師たちは、常に患者様に思いやりをもって接し、信頼される看護師となるよう努めています。
当院の看護職には、多様な勤務形態を導入し、個々のライフスタイルにあった勤務形態を選択していただいています。特に子育て中の看護師には、院内保育所、子育てシフト等、とても働きやすい職場です。

新人看護師には、プリセプターと共にスタッフ全員で新人育成に当たる環境づくりを行っています。新人ひとりひとりの成長に合わせた指導をこころがけていますので、看護師志望の方は、ぜひ病院に見学にいらしていただき、活気あふれる職場の雰囲気を実感してみてください。

小山記念病院 看護部長 本宮裕美