スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

助産師奨学金制度

助産師奨学金制度の概要

看護師資格取得後、助産師養成校1年過程合格の場合:助産師養成校の学費全額貸与
看護大学在学中に助産師過程を専攻した場合:看護師奨学金とは別に別途100万円貸与

助産師奨学金貸与規定

医療法人社団善仁会 小山記念病院は助産師奨学金制度を下記のとおり規定する。

第1条(目的)
医療法人社団善仁会 小山記念病院は、助産師養成学校に通学し、将来助産師として当事業所において勤務せんとする者に対して、向学心を評価して次条以下の定めにより奨学金を貸与する。

第2条(性質)
本奨学金は、当事業所から受給者に対する金銭貸与の性格を有するものである。

第3条(資格)
本奨学金受給者は、将来当事業所に勤務せんとする者に限る。

  1. 助産師養成学校に入学し、将来当事業所の助産師として勤務することを書面[様式2]にて約束している者(助産師養成学校の指定はしないものとする)

第4条(奨学金の内容)
本制度により貸与する奨学金の内容は下の通りである。
助産師養成校(1年)の場合は、学費全額貸与とする。看護大学助産師過程専攻の場合は、医療法人社団善仁会 小山記念病院看護師奨学金を基本とし、別途100万円貸与とする。

第5条(貸与の方法)
前条の奨学金は、別途所定書面[様式1]の申請証人の手続きにより、受給者がこの貸与を受けることが出来る。

第6条(返済の方法)

  1. 奨学金の返済時期は下のとおりとする。
    1. 理由のいかんを問わず、第3条記載の助産師養成学校を退学した時は、その翌月末日までに奨学金全額返済をすること。
    2. 理由のいかんを問わず、助産師として当事業所へ勤務することが出来なくなった場合、その翌月末日までに奨学金全額返済をすること。
  2. 上の(1)(2)について、遅延損害金は、年2割とする。

第7条(連帯保証人)
本奨学金制度の適用を受ける者は、当事業所の承認する連帯保証人を1名立て、同人は 本制度において受給者が当会に対して負担すべき債務一切を連帯保証するものとする。
当事業所の承認する連帯保証人は以下の該当項目を全て満たすものとしています。

  1. 奨学生が未成年者の場合は、その親権者(親権者がいない場合は未成年後見人)であること
  2. 奨学生が成年者の場合は、その父又は母。父母がいない等の場合は、奨学生本人の兄弟姉妹・おじ・おば等の4親等以内の成年親族であること
  3. 未成年者及び学生でないこと
  4. 奨学生本人の配偶者(婚約者を含む)でないこと
  5. 債務整理中(破産等)でないこと

第8条(保証人)
前条に規定する(連帯保証人)とは別に当事業所の承認する保証人を1名立て、同人は 本制度において受給者が当会に対して負担すべき債務を保証するものとする。当事業所の承認する保証人とは、受給者本人と別生計の4親等以内(父母は除く)の成人親族とする。

第9条(免除)

  1. 受給者が助産師養成学校卒業後、助産師として当事業所で貸与金額相当の間、勤務した時は、当会は受給者の奨学金返済債務を免除する。
    返済免除期間(ケ月間)=奨学金支給総額÷5万円

  2. 前項については、理由のいかんを問わず、上記期間内に、当事業所の身分を離れた時には、この限りではない。その時は、身分を離れた翌月末日までに、全額一括返済するものとし、且つ第6条2項を適用する。ただし、入職後1年未満の退職については、勤務期間に関わらず、奨学金支給総額を全額一括返済するものとする。
    一括返済額={(返済免除期間の月数)-(当院での実勤務期間の月数)}×5万円

第10条(報告)
受給者は、毎年3月に指定単位の取得状況等について報告を行う。

以上

各奨学金制度の詳細

各奨学金制度の詳細(規定・FAQ・申請書等)は下記のリンクよりダウンロードしてください。
※クリックするとダウンロード(圧縮zip)がはじまります。

奨学金に関するお問合せ

小山記念病院 本部事務局 人事課
TEL.0299-85-1132
E-mail:koyamahp@sopia.or.jp