スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

放射線科:求人・研修制度

放射線科新人教育プログラム

研修時期 教育目標
1年目 放射線科スタッフとして自覚を持ち、業務が出来る。
  1. 撮影技術の習得。
  2. 医療チームの一員として、責任のある行動が出来る。
2年目 放射線科スタッフとして、自立ができる。
  1. 専門性の高い画像処理・撮影技術の習得。
  2. 画像診断の必要性を理解し、適切な画像を提供できる。
  3. 医療チームの一員として、優先順位に基づいた業務が出来る。
3年目 職場全体の問題解決に向けて積極的に行動できる。
自己客観性・自己拡大・状況判断能力の向上、リーダーシップ等

新人技師には3年を目安とした教育制度があり、1年目は教育担当技師のもとで基礎を学びます。
そして3年目には1人で全モダリティを操作出来ているというようなプログラムが組み込まれています。
教育の進行状況に合わせて新人技師ごとに作成し、一定期間ごとに評価を行い、新人技師へのフィードバックを行います。

院外研修等

診療放射線技師個人認定について

現在は各モダリティにおいて、専門技師や認定技師などを認定する団体がございます。
当科でも認定技師の取得などを推奨しており、認定取得を目指す方は放射線科からのサポート体制はもちろん、病院による支援制度もございます。