スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

薬剤科

調剤業務

処方は電子カルテによって行われます。発行された処方箋は、薬剤師によって処方監査を行い、投与量や併用禁忌、重複投与の有無等をチェックしています。処方内容に疑義がある場合には、医師に照会し、処方内容確認や処方変更提案を行っています。 その後、計数調剤・計量調剤・一包化調剤等を行い、最終鑑査で正しく調剤されているか確認してから患者様へお渡ししています。

注射薬調剤業務

投与量や投与速度、配合変化等を薬剤師がチェックし、注射薬調剤を行います。
TPN製剤(高カロリー輸液)は薬剤師がクリーンベンチ内で無菌的にミキシングしています。無菌的に適切なミキシングを行うことにより、安全な薬物療法に寄与しています。

抗がん剤調剤業務

抗がん剤は適切に取り扱う必要のある代表的な薬剤と言えます。当院では、適切な研修を受けた薬剤師が安全キャビネット内で抗がん剤のミキシングを実施しています。患者様に安心して治療を受けていただくことが出来るよう、適切な環境でのミキシングを徹底しています。

病棟薬剤業務

各病棟に担当薬剤師を配置して病棟業務を行っています。適切な薬物療法を受けられるよう、病棟薬剤師が患者様へ服薬指導を行い、薬の使用方法や用法・用量、薬効や注意事項などを説明しています。服薬指導の際に得られた情報は、他の医療スタッフへフィードバックし共有しています。
また、持参薬の確認を行い、相互作用や重複投与等がないかチェックし、安全な薬物療法が行われるよう努めています。その他、与薬カートへの薬剤セットや病棟での医薬品管理、投薬状況の確認などを日々行っています。

その他の業務

医薬品管理業務、DI業務、製剤業務等

薬剤師紹介

寺嶌 輝明
薬剤科長兼診療技術部部長
  • 東邦大学薬学部認定薬剤師
  • 認定実務実習指導薬剤師

花香 淳一
薬剤科主任
  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師
  • 日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定
  • 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 日本病院薬剤師会認定 がん薬物療法認定薬剤師
  • 日本臨床腫瘍薬学会認定 外来がん治療認定薬剤師
  • 茨城県病院薬剤師会理事
  • 日本臨床腫瘍薬学会委員

  • 薬剤師 全14名(その他 薬剤助手3名)(2018年4月1日現在)
  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師2名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師1名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師4名
  • 日本糖尿病療養指導士1名
  • NST実地修練修了薬剤師2名
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師1名
  • 日本臨床腫瘍薬学会認定 外来がん治療認定薬剤師 1名

実績(2017年4月1日~2018年3月31日)

院外処方箋発行率 98%以上
入院処方箋数 26,949枚
麻薬注射箋数 35,900枚
入院時持参薬鑑別件数 3,736件
服薬指導件数 5,615件(うちハイリスク2,368件)
退院時服薬指導件数 3,311件

その他実績

受賞実績

茨城県がん学会 最優秀演題賞
  • 「がん化学療法により発症するB型肝炎に対する患者スクリーニングの状況報告」

発表実績

茨城県薬剤師学術大会
  • 「抗がん剤の取り扱いに関する意識調査」
  • 「近隣薬局との薬薬連携における取り組み」
  • 「抗がん剤の取り扱いに関する看護師への継続的な意識調査」
  • 「転倒・転落患者におけるリスク因子の抽出」 等
茨城県がん学会
  • 「抗がん剤の被曝防止に関する取り組み」 等
日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会
  • 「がん治療における近隣薬局との薬薬連携」
  • 「小山記念病院における糖尿病透析管理の現状」 等
日本臨床腫瘍薬学会学術大会
  • 「がん化学療法患者に対する薬学的ケアの充実を目指した病病・薬薬連携への取り組み」
  • 「がん化学療法施行患者の医療者に対する意識調査~薬薬連携発展を目指した調査~」
茨城放送
  • 「知っていますか?くすりのはなし」

講師実績

  • 鹿行地区がん看護勉強会 講師 2015年から現在まで全10回開催中  等

論文実績

  • 高齢進行大腸がん患者に対するFOLFOX療法/FOLFIRI療法施行時のAprepitantの有効性の検討(癌と化学療法第43巻,:卵5号 2016年5月)
  • 2型糖尿病併存乳癌患者に対するweekly paclitaxel療法施行時の制吐指示療法の検討(乳癌の臨床第31巻,第5号 2016年11月)

NST(栄養)サポートチーム

NSTでは週1回定期的に多職種によるラウンドを行っています。患者様の栄養状態を評価し、適切な栄養療法を提供することにより、QOLの向上を目指しています。
薬剤師は、静脈栄養や経腸栄養製剤の情報提供、投与経路選択の提案、TPNの無菌調製などを行っています。院内勉強会の開催を通じて、スタッフの教育も行っています。

◇当院NSTメンバー:医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・歯科衛生士

ICT(感染制御チーム)

ICTでは週1回院内をラウンドし、院内感染防止対策の把握・指導を行っています。また、院内感染状況の把握、院内感染のサーベイランス等の情報を分析・評価しています。抗MRSA薬及び広域抗菌薬(カルバペネム系注射薬、ニューキノロン系注射薬)の使用に際しては届出制をとり、投与量・投与期間の把握を行っています。
連携医療機関との感染防止対策カンファレンスに参加し、薬剤耐性菌などの検出状況、感染症患者の発生状況、院内感染対策の実施状況、抗菌薬の使用状況などの情報の共有、意見交換を行っています。

◇当院ICTメンバー:医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)による活動

糖尿病患者へのサポートの質を向上するため、糖尿病療養指導士が毎月定期的にミーティングを開催しています。ミーティングには薬剤師も参加しており、糖尿病科医師を含む医療職員15名と共に以下のような取り組みを行っています。

  • 糖尿病透析予防指導管理料の算定(外来患者への指導)
  • 院内職員向け勉強会の開催
  • 一般市民及び患者様向けの糖尿病教室の充実
  • 実際に遭遇した症例を取り上げた多職種間での意見交換

がん化学療法チーム&近隣薬剤師との薬薬連携

外来化学療法室運営チームを中心に、がん化学療法を施行している患者様への介入を行っています。
当院でがん治療を行う患者様には薬剤師が副作用やその対処法について、医師・看護師と協同して指導にあたっています。
また、地域の薬剤師と共に勉強会を開催し、がん患者専用の手帳を作成・運用する等、薬薬連携の強化にも注力しています。

研修制度並びに求人情報

1.新入職者研修

薬剤科の新入職者教育カリキュラムに基づき教育担当者が指導を行っています。担当者は新入職者の進行度にあわせてスケジュールを作成し指導を行います。
また、一定期間ごとに評価(担当者による評価、新入職者の自己評価)を実施し、新入職者へのフィードバックを行っています。

2.薬学実務実習

実習スケジュールを作成し、薬学生の実務実習を受け入れています。実習内容はモデルコアカリ キュラムに基づいていますが、当院独自の実習も織り交ぜながら、多彩な教育体制を敷いています。
(症例プレゼンテーション、血糖測定と模擬自己注射、抗がん剤の混注等)

3.院内研修

定期の院内研修に加えて、薬剤科では新薬の説明会や疾患に関する勉強会を行っています。 また、院内スタッフ向けに、医療安全・がん化学療法・糖尿病・栄養療法等に関する勉強会を開催 しています。