スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

乳腺外科



乳腺外科紹介

乳がんとは、乳房にある乳腺(母乳を作るところ)に発生する悪性腫瘍です。症状は、しこり、血性乳頭分泌、乳首の陥没、皮膚のくぼみ、痛み、わきの下のしこりなど実に様々です。しかし、乳房の変化に気づかずそのまま放置しておくと、乳腺の外にまでがん細胞が増殖し、血管やリンパ管を通って全身へと拡がってしまいます。
近年、乳がんの外科では、乳房温存手術を行うことが多くなり、乳がんの局所切除を完全なものとすることが重要となってきました。
乳がんの診断としては、単にがんか良性かの診断だけに留まらず、がんの拡がりの正確な診断、さらにどういう性格のどの程度の悪性度のがんであるかまでを見極めるよう努力しています。このために各種の診断法と生検法を駆使して温存手術の安全性を高めています。 手術についてはこの詳細な診断結果に基づいて安全、確実を目標に最適な手術法を選択しています。
また、最近の乳がん治療では、薬物療法(抗がん剤、ホルモン剤)の重要性が高くなり、手術前治療を含め、手術後の補助薬物療法を一貫して行い、患者さんの状態に応じた外来ケアを行っています。当院は、乳腺外科を開設し、乳がんの早期発見・予防に努めています。

乳腺外科の対象疾患

取り扱う主な疾患

乳腺症、乳腺炎、乳がん、線維腺腫、葉状腫瘍等、乳腺外科疾患全般

乳腺外科(完全予約制)外来担当医師(完全予約制)

 
午前

近藤

近藤
午後 近藤

ページトップへ