スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

口腔外科



口腔外科紹介

当科は総合病院の口腔外科の利点を生かし、医科と歯科にまたがる病気の治療も行っています。全身疾患に罹られている方でもその担当科と連携を図りながら安心・安全な治療が行えます。

また、入院して治療しなければならない口腔外科の病気も多くあるのでこれにも対応しています。

口腔外科の対象疾患と治療法

智歯周囲炎

親知らずの周りの歯肉や顎の骨に強いはれや痛みのおきる事がしばしばあります。智歯は多くの場合、顎の骨の中に埋もれている事が多いのですが、抜歯する事が殆どです。

顎骨嚢胞

ほとんどの場合、歯が原因します。顎の骨の中に液体の貯まった袋状の病変が生じ、顎の骨が中心から少しずつ溶けていきます。腫陽性の病気ではありませんが大きくなりすぎると治療が厄介です。

腫瘍およびそれに類似した疾患

舌や頬の内側、外側、あらゆるところに腫瘍(おでき)は出来ます。何週間も引かない腫れや、それに伴う痛みが長く続く場合は要注意です。腫瘍は良性と悪性に分けられますが、どちらも早期診断、早期治療が重要です。当院では良性、悪性に拘わらず診断・治療が出来ますのでご相談下さい。

口腔粘膜疾患

この一連の病気は全身の一症状として現れる場合と、口の粘膜だけに現れる場合とがあります。いずれにしても口の中の粘膜が赤くなったり剥がれたり、味の濃いものにしみたりします。又、口が渇いてものが飲み込みにくかったりヒリヒリする事もあります。なかなか特効薬的なものはなく、副作用の強くない軟膏や内服薬で症状の推移を見ながら長く治療するのが一般的です。

口腔外科外来担当医師

 

午前

水沼★1

水沼

午後

水沼

水沼

水沼

水沼

★1 第2・4週のみの診察となります。

ページトップへ