スマートフォンサイトはこちら ▶

医療法人社団善仁会 小山記念病院

医療法人社団善仁会 小山記念病院

消化器科

消化器科紹介

消化器科では、食道・胃・腸・胆のう・膵臓などの幅広い臓器の疾患を診療しています。各臓器・各疾患の診断から治療、その後の療養指導において内科・外科が一丸となって質の高い医療を提供すべく努力しています。
消化器疾患の診断・治療法の進歩は目覚しく、個々の患者さんに最適な方法を確実に選択することが重要となっています。治療に限っても、まず手術なのか、薬の治療なのか。手術が妥当としても、内視鏡的な切除か、腹腔鏡下の手術か、開腹手術かといった方法があります。疾患の治療を行う上で求められるのが適切な判断に基づいた提案です。
当診療科では、消化器の内科・外科領域において専門性を持った医師が揃っており、これまで以上に消化器科内での連携を緊密にすることで、患者様に提供できる医療の質の向上に努めております。

 

消化器内科の特徴

全診療科の中で最も多くの臓器(食道、胃、小腸、大腸、胆、肝、膵)を担当していることが挙げられます。
各種消化器悪性疾患をはじめ、総胆管結石等。肝臓や近年増加の一途にある炎症性腸疾患などの患者様は診断後、専門外来へのご紹介をおこなっております。
そのような中、当科には、消化管(食道、胃、小腸、大腸)、胆膵そして炎症性腸疾患それぞれを専門とする医師が揃っており、各種スクリーニング検査から、精密検査および専門治療を提供しています。具体例を挙げますと、経鼻内視鏡、消化管NBI拡大観察システム、カプセル内視鏡、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、超音波造影剤対応腹部超音波検査装置などの設備を整えており、早期食道癌、胃癌、内視鏡的粘膜下部剥離術、悪性胆道狭窄に対する各種ドレナージ術、肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法を超音波下でおこなうなどの治療を提供しています。手術や化学療法が必要な患者様には、消化器外科医師とも連携をとり、それぞれの患者様に適した質の高い集学的治療を心がけています。

特色 (主な治療・医療機器・先駆的な取組み 等)
消化器内科領域では、主に、以下のような各臓器の炎症、結石、腫瘍などが原因で引き起こされる病気を診断・治療しています。

 

食道 逆流性食道炎、食道静脈瘤(りゅう)(※1)
胃潰瘍(かいよう)、胃がん、胃マルトリンパ腫(胃に発生するリンパ腫の一種)、ピロリ感染性胃炎
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍(しゅよう)、十二指腸乳頭部腫瘍(※2)
小腸 原因不明の出血、小腸腫瘍、クローン病(※3)、小腸結核
大腸 大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎(※3)
胆のう 急性胆のう炎、慢性胆のう炎、胆のうポリープ、胆のう結石、総胆管結石、胆のうがん、胆管がん
すい臓 急性すい炎、慢性すい炎、すい臓がん

※1)肝硬変により食道粘膜内にある静脈がふくらみ、コブとなった部分が食道静脈瘤です。
※2)胆汁が十二指腸に入る部分を十二指腸乳頭部といい、この部分にできた腫瘍が十二指腸乳頭部腫瘍です。
※3)潰瘍性大腸炎、クローン病は、消化管に原因不明の炎症をおこす慢性疾患です。
※4)内分泌系腫瘍は、ホルモンを分泌する細胞から発生する腫瘍です。

 

 

消化器外科

消化器内科医師との連携のもとで、がんや炎症性疾患などのさまざまな消化器疾患に対して、手術を主体とした外科的治療(抗癌剤による化学療法も含む)を行っています。治療方針の主体は、各種学会や研究会が提唱する「科学的根拠に基づく診療ガイドライン」に準じた標準治療を原則としています。
さらに、患者様の術後のQOLの低下を少しでも和らげるような手術(低侵襲の腹腔鏡手術)を積極的に導入し、少しでも「体と心にやさしい外科治療」ができるように、スタッフ一同心がけています。

特色 (主な治療・医療機器・先駆的な取組み 等)
消化器外科領域における主な対象疾患は、以下の通りです。

 

食道 食道がん、逆流性食道炎、特発性食道破裂
胃がん
十二指腸 十二指腸潰瘍(かいよう)、十二指腸乳頭部腫瘍(しゅよう)(※1)
小腸 小腸腫瘍、クローン病(※2)
大腸 大腸がん、潰瘍性大腸炎(※2)、大腸狭窄(きょうさく)、大腸けいしつ症(※3)
胆のう 胆のうがん、胆管がん、胆石症、胆のうポリープ
すい臓 すい臓がん、内分泌系腫瘍(※4)、慢性すい炎
その他 GIST(消化管間葉系腫瘍)(※5)、ヘルニア(鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁、瘢痕(はんこん)ヘルニア)(※6)、急性腹症(消化管穿孔(せんこう)、腸閉塞、腹腔内出血)(※7)、急性虫垂炎、腹部外傷(肝破裂、脾破裂)、傷の治療などの一般外科

※1)十二指腸乳頭部腫瘍は、胆汁が十二指腸に入る部分にできた腫瘍です。
※2)クローン病、潰瘍性大腸炎は、消化管に原因不明の炎症をおこす慢性の病気です。
※3)大腸けいしつ(憩室)症は、大腸内圧の上昇のため、大腸の壁の一部が外へ袋状に飛び出しまう病気です。
※4)内分泌系腫瘍は、ホルモンを分泌する細胞から発生する腫瘍で、すい臓では、すい管がんに次いで多い腫瘍です。
※5)GIST(消化管間葉系腫瘍)は、胃や腸の壁に発生する腫瘍です。特殊な細胞が異常に増殖し、腫瘍となったものです。
※6)ヘルニアは、臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態です。そけいヘルニア、大腿ヘルニアは、腹膜や腸の一部が、「太もも、足」の付け根から皮膚の下に出てくる病気です。腹壁瘢痕(はんこん)ヘルニアは、開腹手術の傷跡(瘢痕)から腹腔内の臓器が脱出してしまう病気です。
※7)急性腹症は、腹部の急性の病気の総称です。消化管に穴が開いて内容物がもれてしまう症状(消化管穿孔「せんこう」)、腸内で食べ物が詰まってしまう症状(腸閉塞)、腹腔内に血液が貯留してしまう症状(腹腔内出血)等があります。

消化器科外来担当医師

 

1診

中山

呉屋

髙橋

橋本(真) 橋本(真)

2診

若山

齋藤

廣瀨

長嶺

阿部 溝上★1
  • ★1 指定日のみの診察となります。

ページトップへ